すっぽん小町はPMSに有効?そのメカニズムを大解剖!

PMS(月経前症候群)とは、生理の3~10日前位から起こる心や体の不調のことです。

その不快な症状は200種類以上もあると言われ、おおまかに身体的な症状と精神的な症状に分かれます。

身体的な変化としては一般的に「下腹部痛」「腰痛」「頭痛」「肌荒れ」などがよく知られています。
精神的な変化としては「イライラする」「怒りっぽくなる」「憂鬱な気分になる」などがあります。

変化のあらわれ方には個人差があり、特に何も感じない人もいれば、仕事や家事を休まなければならないほど辛い症状を抱える人もいます。

PMSは生理がくれば症状が治まる一過性なものですが、なかには治療が必要な疾患が潜んでいる可能性もあるため、あまりにも症状が重い場合にはきちんと検査を受けることが必要です。

心身ともに充実している30代女性のPMSが辛いのはなぜ?


PMSの原因は、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンの生理周期に伴う急激な変動が深く関わっていると伝えられたいます。

また、女性のライフステージにより症状も変化します。

症状が一番重いのが、実は20~40代なのです。

特に30代の女性は「30代中期症候群」と言われるほどPMSの辛い症状に悩んでいる人が多い年代です。

30代と言えば仕事や子育てなど女性にとっては、一番充実しているとも言える時期ですね。

しかし、出産や授乳などでホルモンバランスが乱れやすくなるのもこの年代の特徴です。

まだ体力もあり無理がきいてしまうぶん、目いっぱい頑張ってしまう女性も多いことでしょう。

充実しているからこその忙しさ、ストレスの大きさなどからPMSの症状をより一層辛いものにしているのかもしれません。

女性特有であることから更年期の症状と類似している点も多いですね。
https://kaiganrin.jp/%e6%9b%b4%e5%b9%b4%e6%9c%9f/

すっぽん小町でPMS解消に導きたい!

すっぽん小町を飲んでいたら、「PMSの辛い症状が軽減されてきた!」という口コミや体験談をネット上で見かけることがあります。

公式サイトの商品説明等では、すっぽん小町がPMSの症状改善に効果があるとは明記されていません。

しかし、実際にはすっぽん小町でPMSが和らいできたといった趣旨の感想や口コミなどは意外と寄せられています。

すっぽん小町には、良質のアミノ酸が豊富に含まれていますが、このアミノ酸が血行を促進して冷え性を改善したり、新陳代謝を活発にしてくれることと深く関係しているのだと思われます。

美肌効果を期待してすっぽん小町を飲み始めたところ「知らず知らずのうちにPMSのような症状が緩和されてきた!」という人にとっては嬉しい副産物に感じられるはずです。
https://kaiganrin.jp/%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a9/