すっぽん小町は更年期のような症状を軽減する効果がある?


女性であれば誰でも一度は経験すると言われている更年期。

初潮を迎えた時、これがいつか終わる日が来るなんて、想像もできなかったはずです。

しかし、女性の体には年齢に応じたステージがあり、本人の意思や想いなどお構いなしに自然の摂理に沿って変化していくものです。

日本人女性の閉経平均年齢は約50歳と伝えられています。

個人差にもよりますが、その前後数年間を更年期と言い、ホルモンバランスが不安定になることによって、起こるさまざまな不快な症状のことを更年期障害と呼ばれています。

通常、更年期は生理の異常が伴うことが多いと言われていますが、その他の主な変調として「頭痛」「肩こり」「不眠」「イライラ感」「疲労感」「性交痛」など病院にかかって治療をするほどではないものの、辛く不快な症状が現れるようになります。

典型的な変調のひとつとして、急に体がカーっと熱く火照ったり、汗をドッとかいたりするような症状「ホットフラッシュ」が挙げられます。

また、自律神経の乱れから精神的に不安定になることも多く、いわゆる不定愁訴と呼ばれる症状に悩まされる人もいるようです。
https://kaiganrin.jp/%e3%82%a4%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%a9/

症状の現われ方には個人差がある


このように女性に多い更年期ですが、症状の現われ方にはかなり個人差があるようです。

ほとんど何も変化を感じないまま過ごす人もいれば、40歳を迎える前から何となく不快な症状が現われ始める人もいます。

最近では若年性更年期障害といって、20~30代の若い女性に「生理不順」「動悸」「めまい」「イライラ」「不安感」など更年期障害と似たような症状が現れるケースも増えていると伝えられています。

症状の原因は女性ホルモンの影響によるものがほとんどで、女性の健康やライフスタイルは「女性ホルモンにコントロール」されているといっても過言ではありません。
https://kaiganrin.jp/pms/

すっぽん小町が更年期に効果ありと言われる理由

すっぽん小町は更年期障害を緩和する目的のサプリメントではありませんが、飲み続けていたら「更年期のような症状が軽減された!」「イライラしなくなってきた」という口コミや感想が以外と少なくありません。

更年期には女性ホルモンが大きく関係しているとお伝えしましたが、女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあり、特にエストロゲンは新陳代謝を促し、女性の美しさを支える成分として知られています。

しかし、エストロゲンの分泌量は40歳頃から減少し始め更年期に差し掛かると20代の頃の半分くらいにまで低下してしまいます。

そのような加齢が原因で、減小傾向にあるエストロゲンをサプリで補うことが、最も手軽な方法のひとつです。

サプリのメリットは余分な油やカロリーを摂ることなく、効率的に不足がちな栄養素を摂取できることです。

すっぽん小町の豊富な栄養素のなかでもロイシンという成分に注目です!

すっぽん小町にはロイシンが285.2mgも含まれています。

この成分はアミノ酸の一種であり、エストロゲンの分泌を促進する作用があるため更年期の症状を軽減する効果が期待できます!

さらに、すっぽん小町の主成分であるコラーゲンを筆頭に、ビタミンEやEPAなどの巡り成分が体内の新陳代謝を促すことで、血流が良くなり、冷え症や血行不良が軽減されることも更年期の症状を和らげる効果に繋がると思われます。

すっぽん小町には良質なコラーゲンやアミノ酸以外にもビタミンE、鉄、マグネシウム、亜鉛、カルシウム、EPAなど様々な栄養素がバランスよく配合されており、まさに栄養の宝庫です!

栄養素とは単一で摂取するよりも、相性の良い成分を一緒に摂ることで、その効果がアップすると言われています。

その観点からみても優れたサプリメントと言えるでしょう!
https://kaiganrin.jp/%e8%a9%a6%e3%81%97%e3%81%a6%e3%81%bf%e3%82%88%e3%81%86%e3%81%8b%e8%bf%b7%e3%81%a3%e3%81%a6%e3%81%84%e3%82%8b%e6%96%b9%e3%81%b8%ef%bc%81/