すっぽん小町の主成分について徹底追及してみる

人間の体は、水分が約60%でタンパク質が20%、そして15%の脂肪から成り立っています。

このように見てみると水分とタンパク質で全体のおよそ80%を占めていることからもわかるようにタンパク質は体の根幹を成すために大切な成分と言えます。

コラーゲンは、均等に存在しているわけではなく、40%が皮膚に含まれていると伝えらています。

また、コラーゲンには細胞同士を融合させたり、細胞を守るというとても重要な役割があります。

そのお陰で、細胞が活き活きと活動し、体のさまざまな組織が支えられているのです。

コラーゲンが不足し始める30代を乗り越える秘訣
「30代から体内のコラーゲン生成量が減少し始める」そう言われると、気になってしまいますよね。 コラーゲンとは、タンパク質の一種で、肌にハリや弾力を与えてくれます。 みずみずしくハリツヤのある肌には、欠かせない成分なんです。 ...

肌の水分量をコントロール

肌は、主に3つの層に分類されています。

1番上の層を「表皮」その下にあるコラーゲンなどを含む組織を「真皮」さらにその下に「皮下組織」があります。

私たちが普段「肌」と呼んでいるものは、表皮の一番上にある「角質層」と呼ばれる部分です。

一般的にこの角質層の水分量や触った感じの手触り感で「肌がしっとり」「ハリがある」などと言っていますが、構造から見ると、この角質層をケアするだけでは真の美しい肌を手に入れることはできないのです。

肌の水分量は、その下にある真皮でコントロールされています。

コラーゲンは、真皮の70%を占有していることから、エラスチンと共に弾力のある繊維状の網目のような存在をしています。

そこにヒアルロン酸が分泌され潤いが保たれることにより、ハリやツヤが生まれるようになります。

つまり真皮にしっかりとコラーゲンが含まれていることが美肌へのカギなのです!
楽しい50代を送るには豊富なコラーゲンとアミノ酸が必要不可欠!
「子どもが独立したら、やりたいことがたくさんある!」 「自分のことに時間を使いたい」 「そろそろ老後に向けて、蓄えたい」 50代女性は、ここから第二の人生が始まる時期と言えます。 子どもの手が離れれば、多少なりとも金銭的に余...

すっぽん小町でコラーゲンを効率的に補給

体を形成するためや美肌作りにも必要不可欠なコラーゲンですが、30代に差し掛かるとその数は次第に減少傾向にあります。

コラーゲンを必要としている肌は、不足に陥ってしまうと真っ先に影響を受けてしまいます。

肌の衰えは加齢によるコラーゲンの減少が大きな原因でもあります。

放っておくとどんどん減ってしまうため、外から補ってあげる必要があります。

最近の研究では、コラーゲン1日5gを4週間以上摂取し続けると肌の水分量が増加して弾力性が増すという事が明らかになっています!

すっぽん小町を継続して飲むことによって、良質なコラーゲンを効率よく補うことができるのです。

あくまでも続けることが条件になりますが、角質層までしっかりと届くことにより、美しくハリのある肌が実感できるようになるでしょう。

また、他にもシスチンやトリプトファンなど豊富な栄養素がバランスよく含まれているため、さまざまな効果が期待できます!

%(パーセンテージ)はおおよその値を示しています。
error:Content is protected !!