お知らせ | 投稿日: 2015.01.23

3月15日(日) 「第3回国連防災世界会議」パブリック・フォーラムにて海岸防災林再生に関するシンポジウム 〜学び育てよう 財産と命を守る海岸防災林〜 を開催します。

img-news150123_1

img-news150123_1

東日本大震災では、飛砂・潮風等から背後の農地などを守ってきた海岸防災林が津波により壊滅的に被災しました。この再生に向けて、国・関係地方自治体とNPO等の関係機関が連携して取り組んでいます。

シンポジウムでは、海岸防災林の再生における地元 名取市長・佐々木一十郎 氏による基調講演と、民間団体・行政機関によるこれまでの取り組み,長期的視点に立った関係団体の相互の連携方策等について報告とパネルディスカッションを行い、今後の海岸防災林の早期再生及び維持管理に関する課題、方策の検討について議論します。

また、展示ブースにおいては、海岸防災林の機能、NPO等による海岸防災林の取組のパネル等の展示を行います。

シンポジウム 開催要項

名取市長 佐々木一十郎 氏の基調講演、
民間団体及び行政機関による活動報告・パネルディスカッション

日時 平成27年3月15日(日)
17時20分〜19時40分 (開場:17時10分〜)
当日の日中、公益財団法人オイスカによる海岸林視察バスツアーが開催されます。
バスツアー詳細は http://www.oisca.org/kaiganrin/ をご覧ください。
会場 TKPガーデンシティ勾当台 ホール7
宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビル3階
http://tkpsendai.net/koutoudai/access.shtml
参加費 無料
主催 公益社団法人 国土緑化推進機構
後援 東北森林管理局、宮城県、公益社団法人宮城県緑化推進委員会、一般社団法人東北地域づくり協会
その他 ※同時通訳は行いませんが、英語対応スタッフは配置致します。予めご了承ください。 JAPANESE ONLY
※「第3回国連防災世界会議」については、http://www.bosai-sendai.jp/をご覧ください。
申込 会場及び準備の都合により、参加者人数の把握をするため、参加ご希望の方は事前に申込をお願い申し上げます。なお、事前申込なしで当日参加していただいても構いません。3月12日(木)15時まで事前申込を受付いたします。

シンポジウムプログラム(案)

17:10 開場 / 17:20 開会

主催者挨拶

梶谷 辰哉(公益社団法人 国土緑化推進機構 専務理事)

基調講演 50分

名取市の被災状況、復興への取組、海岸防災林再生の取組などに関する講演

佐々木 一十郎 氏(名取市長)

18:10〜18:20 休憩
18:20 海岸防災林再生の活動報告 各10分
関口 高士 氏(林野庁 東北森林管理局 計画保全部長)
三沢 英一 氏(万里の松原に親しむ会 会長)
佐々木 廣一 氏(名取市海岸林再生の会 事務局長)
鈴木 善久 氏(高田松原を守る会 会長)
19:00〜19:40 パネルディスカッション

みんなで守り育てる海岸防災林〜その課題と方策

<コーディネーター>
梶谷 辰哉(公益社団法人 国土緑化推進機構 専務理事)
<パネリスト>
上記活動報告者4名

19:40 閉会

【別会場開催】防災・復興に関するパネル展示
〜防災の観点から考える海岸林再生〜

日程 平成27年3月14日(土)〜18日(水)
10時00分〜20時00分
会場 せんだいメディアテーク
宮城県仙台市青葉区春日町2-1
http://www.smt.jp/info/access/
入場料 入場無料・一般公開
申込 不要