企業・団体等の皆さまへ

地域の暮らしを守る海岸林。被災地の復旧・復興に向け、早期の再生が求められています。また、被災地の復興に向けたシンボルとして、企業をはじめ多様なセクターが参加し、みんなの力で再生することが重要です。現在、多くの企業や団体の方々から関心をお寄せいただき、たとえばCSR活動の一環として継続的な取り組みをご検討いただいております。

さまざまな参加のタイプがありますので、貴社(貴団体)に合った参加の仕方をご検討ください。以下にご紹介するのは、その一例です。詳しくは総合窓口にお問い合わせください。

参加・支援のタイプ(例)

植林活動に参加する場合

海岸林再生の植林活動に参加したり、活動の実施団体を資金支援するなど、さまざまなタイプの参加をご検討いただけます。

①自ら協定締結して再生活動を実施する

民間参画の公募地となる土地所有者(国有林等)と協定を締結し、一定面積の再生活動を実施する主体となります。植栽等に関連する専門家や日常管理業務を行う組織等と連携しながら、自ら再生活動の運営を担います。企業の参加目的に沿った特色ある活動を行うことが可能です。

②中間支援団体等と連携して再生活動に参加する

中間支援団体等と連携しながら、実際に再生活動の企画や日常的な維持管理を担う森林組合やNPO等を資金面などで支援するタイプの参加方法です。現地での植林活動に従業員や顧客が参加したり、看板を設置することが可能な場合もあります。

※緑の募金直接事業「東日本大震災復興支援事業」(使途限定募金)を活用した中間支援団体等をご紹介します。

③NPO等の活動を支援する

総合窓口に相談のうえ、活動を実施するNPO等の紹介を受け、必要に応じて資金的な支援を行いながら、NPO等の活動を支援します。

植林活動に参加する

参加・支援開始までの流れ(例)

その他、植林に必要な苗木を育てる活動、寄付などを通じた支援、地域づくりや地場産業振興への貢献などを通じて海岸林再生や復興支援へ参加することも可能です。

苗木を育てる

寄付などで支援する

地域づくりを応援する